未だ、色々あるのに手を広げてしまいました!^^
20210923_115952
20210923_122710
コルサの不動を手に入れたのでO/Hに着手!バラシて見れば所々に色々と手が入ってるBIKEで好きな人が乗ってたんですね。整備もGuzziでは有名なお店でやっていたようで、整備記録も分厚いのが一冊付いてました。
20210923_120034
乗らなくなっての放置、いたるところが痛んでます。先ずはフレームだけにして粉体塗装に出そうと思ってます。問題はエンジン&M/Tのガワですな!中身はO/Hするとして、サンドブラスト⇒ペイントって感じでしょうか。
20210923_120007
ここまでバラしました。あと少しでエンジン下ろし、フレーム送りになります。ノーマルはインジェクション車なのですが、配線及び補器類の痛みが酷いのでキャブ化の方向です。インジェクション関係の配線を外すとビックリするくらいスッキリします。元々がキャブ車、無理くりインジェクションにしたようなBIKEなので配線は後付け感があり、簡単に外せますね。
20210923_120021
合わせてO/Hというかフルレストア中のLeMansⅢ、ほぼに近づいたのですが、イタリアからのパーツと外装のペイントが遅れてます。入荷すれば直ぐに完成しそうな感じですね。
20210923_122721
外したパーツの管理が大変、外す時には注意してやってるんですけどね・・パーツ探しに時間食いますわ。(笑)

PM3:00
全バラ完了!
20210923_151843
バラスと小さくなってしまいますね。(笑)
20210923_150820
20210923_150811

20210923_150801
20210924_121833
さて、梱包してペイント屋さんに送る準備ですが、細かいところのチェックです。=塗れるものは全て塗る!
20210924_130527
スイングアームピボットベアリングを専用工具で引き抜きます。
20210924_130604
こんな感じにレースを残しておくと小端までキレイに塗れ、ベアリング穴もペイントされずにNewレースがすんなり入ります。

又、ネックのベアリングレースを完全に抜かないで少し出して止めておく=淵まで塗装できる等細かな技が色々あります。(笑)

今回は艶有りの黒だろうなー・・純正風にね。