画像

娘にとっての長い一日が終わりました。一応5位と、結果は残せましたが、悔いの残るレースであったのは確かです。BIKEのメカトラブル!それも3回(15分近く)もあり通常なら緊張の糸が切れ、脱落する所でしたが、よくぞこれにも耐えたものです。これも勉強と次のステップのバネにすればいい事ですが、本人にしては計り知れない悔しさでしょう。去年のつまらないもらい事故により2連覇を狙っていた宮古島大会をキャンセルして「Japan」に照準をつけ、8ヶ月近くのリハビリと練習をこなして来たのですから・・・本人にしかわからない苦労が相当あったのでは無いかと、親ばかでは有りますが心が痛みます。幸いな事に「Ironman Live」の実況では好意的な事を書いてくれて多少は気持ちが晴れます。

詳しくはhttp://www.angel.ne.jp/~its/naoindex.htmのHPをご覧下さい。



Naomi is first Japanese woman...

Naomi Imaizumi has just crossed the line in tears, but she's top five; the first Japanese woman and all this after a broken seat and a smashed front wheel in the bike leg...

And that's what we know about as we also know she had some troubles on the run!

Naomi is truly an Ironman!

The top nine women are confirmed as:
1. Heather Fuhr CAN/USA (#26) 9:47:47
2. Sarah Fien (#19) 10:04:36
3. Angela Milne (#28) 10:10:18
4. Paula Newby-Fraser (#25) 10:13:14
5. Naomi Imaizumi (#20) 10:18:30
6. Susan J. Peter (#23) 10:31:30
7. Emi Shiono (#22) 10:41:36
8. Nicole Vonach-Christmann (#44) 10:49:10 (first Age grouper)
9. Akiko Watanabe (#29) 10:53:56
10. Noriko Yamakura (#30) 10:53:56

最後ではありますが、この場をお借りして、スポンサー様各位、MSL代表/宮塚英也氏、ハイディア代表/宮塚博江氏、応援してくれた皆様に御礼申し上げます。