食した物はこれに赤紫蘇が巻いてあり(押し鮨見たいな感じ)、サッパリ系でした。

画像


一昨日は常連/Sさんと昼に鮨を食いに行きました。横浜MM傍の「金港」内に在るただ一軒の鮨屋で、これも他の常連さんに聞いたものです。市場内に在る為、安くてネタも良いとの事で出かけた訳です。職人気質満点の強面店主が少し愛想に欠けますが・・・人の事は言えませんか?(笑)

滅多に食べない上などを頼み、追加で少し握ってもらいました。なるほど、なかなか旨くて上で¥2100ですからリーズナブル!青海苔入りの味噌汁も飲み放題、結構な物でした。

ここからが”笑い話”で、強面オヤジが最後に「サービス」と言いながら押し鮨みたいな物を出してくれました。食べてみるとさっぱりしていて結構いけます。Sさんと「これ何んだろーね」なんて話していて、私がオヤジに「この魚何ですか」と聞くと、オヤジが何か言うのですが、私には「くさば」としか聞き取れません。Sさんに「くさば」だってさーと言うと「くさば?」なんだそれ!
Sさんが直に「この魚何ですか」と聞くと、やはり「くさばだよ!」仕舞にはぴくぴくしてましたね・・眉間が。
私は少し難聴気味なので、聞き間違いかと思いきや、Sさんも「くさばかー、そんな魚あったけー」なんて言ってます。連想ではないんですが、「当たると直ぐに草葉の陰に行くからかなー」なんて二人で話していました。

最後にSさんが恐る恐る?オヤジに「くさばですか?」と聞くとデカイ声で「鯖だよ」・・・・納得!

爆笑ですよね。少し”訛り”があるのか解りませんが、鯖のまえに一瞬、「間」があく感じなんですよね。それで「くさば」と聞こえてしまう訳でした。久し振りのお笑いネタで、思い出すたびに笑いがこみ上げてきます。うわっはっはっはっ・・・・っと。