画像

画像


サーキット走行や峠道の走行で他車(GOLF5)に差を付けるパーツの最右翼!カーボンボンネットの雛形が出来上がり、早々取り付けてみました。カーボン製は数日後に完成です。

GOLF5はターボエンジンの為にエンジン温度が上がり気味になります。フィスコ等を3~4周もするとCP制御が入り、最高速が20Kmは落ちてしまいタイムが出ません。GTIカップではイコールコンディションでやっているので問題は出ませんが(上位陣はOILクーラー等を装着して少しでもタイムが落ちるのを防いでいる)、スポーツ走行ではいらいらしますね。
軽量化すると回頭性は間違いなく良くなりコーナーリングが楽になります。ノーマル比50%以下ですから、これは効きますよね。当方、奥方でも軽くなった事が判る!そうです。

又、”ちりあわせ”には相当うるさく言ったので、最高の出来で「ポン付け」でバッチリ付きます。
詳しくはhttp://www.notus.dti.ne.jp/~its/gti_bon.htm

熱の問題は、フロント側ダクトでラジエーターの熱を吸出し、左のNACAダクトにてタービンに直接走行風を当てる訳です。これで相当熱的には楽になると思います。大きめのOILクーラーも付けたことだしRスタビも強化品(NEUSPEED)をSET・・・何秒でるかなー。

11/1走行会ですから楽しみですねー。