画像

画像

こんな、危ない物もあります!
画像

これも結構危ないですよー。
画像

エンジンパワーが物足りない人は、どうぞ・・。

凄い物売ってるんですねー!向こうでは。
自転車に付けたり、カートに付けたり、本来の”空物”に付けたりと色々です。(笑)

ナチスドイツが実用化(V-1ミサイル)したパルスジェットですね。構造が簡単で量産しやすいのが利点と言われてます。実際簡単な工作機械があれば、器用な人なら作れるようで、日本にも”自作パルス”をカートに付けて遊んでる人がいるようです。

構造は通常ジェットのようなタービンも圧縮機も無い、シャッター弁、燃料噴射ノズル、燃焼室、点火プラグ、排気パイプから構成されたエンジンで、爆発圧力による噴射ガスの慣性力を利用して吸入を行い、吸気、爆発と噴射を繰り返すシンプルなエンジンです。更に簡単なシャッター弁無しもあります。

音は、「キィーン・・グオーンではなく、バッバババーという断続音で非常にワイルド(ウルサイ)なエンジンですね」

この自転車に付いてるエンジンは推力が60ポンドほどですが、120Kmは出るそうです・・危ないですよー。メーカーには1000ポンドまでの用意があるとのアナウンス、「火傷しないように使ってください」とのことです。(笑)

マル秘(笑)情報によると、「エリア51」上空をテスト飛行している新型航空機(空飛ぶ円盤系ではない)のエンジンが、上記エンジンの発展型なんて噂も・・。タービンよりスピードは出る?ようです。