エンジンに火が入りました。

受電系は未だですが、点火系はそのまま移植したので、すんなりかかりました。
キャブに燃料を注ぎ、その辺に転がっていた適当なプラグを付け、OILも余ったやつをブレンドして1Lほど注入。

車のバッテリーを繋ぎ、おもむろにセルボタンを・・・あっけなく始動しました。EXマニ(ブレバ用をeBayにて格安で落札済)が未だ無いので昔の”焼玉エンジン”みたいな音(笑)してますが、かかることはかかりました。アクセルにもついて来るし・・・。



オルタのナットも留めないで回していますが、磁石が結構強烈な為中に中に入っていきました。テスターを当ててみたら問題なく発電していたので”ホッ”です。

画像

画像
当初、艶消し黒にするつもりが、Ⅲのような白に変更!届いたステッカーを貼り、クリアーをペイント、外装はほぼ完成です。
画像
充電系が新しいタイプになるので、配線を少しやり直します。ダイオードボードとレギュレーターを外し、レクチェファイヤーに交換です。結構、スッキリするのでは・・。