7月某日、ベルギーから横浜港に到着したファルコーネ&BMW75/5を受け取りに出かけました。

ここまで来るのに通関業者とのやり取りが大変でした。書類が足りない、BIKEの詳細は?・・・当方も初めてなのでトンチンカンな事言うし、一週間位は毎日電話やメール、FAXのやり取りで他の事が手につきませんでしたね。

そして、いよいよ当日、横浜は山下の本牧埠頭に朝早く軽トラで・・・始めての事なので要領が分かりません。通関業者に言われるままあっちに行ったり、こっちに行ったりです。

やっと、たどり着いた倉庫の受付へ・・・書類を出してハンコをもらい品物の確認です。フォークリフトのおっちゃんが「車、どこ?」、「あっあれです」と私。「軽!軽じゃ積めないべ」、「ここでバラシて良いですか」と私、「俺、知らねーよ!お偉いさんに聞いてみな」で、またまた事務所に・・・。めんどくせーなー!!

やっと許可をもらい(本来は絶対に許可は出ないとの事)倉庫の端で梱包をバラス段取りです。道具が足りないし、お昼になるし、お手伝いのK氏と待ち合わせだしで一度店に帰ることに・・。待ち合わせたK氏と共に、店に帰ってお昼を食べて、今度は道具を携え軽2台!で現場に直行です。

炎天下の下で梱包を解きだしたのですが、うだるような暑さもあるし結構大変な作業でした。BIKE二台が詰まった箱ですから、そこそこ確りしています、引き出すのも大変!二人係でやっとこ表に引き出せました。結局、一度では積みきれない(廃材&ごみも全て片付ける事が約束)ので店と倉庫とで2往復です。結局、合計3往復になりました。

75/5はK氏が自宅に持ち帰り、軽整備する段取り。当方はファルコーネの予備検査を頼まれてます。

画像

画像
上二枚は現地からの写真
画像

画像

画像
現地からの写真3枚ですが、スチール板に載せ、周りは集積材にて梱包されてました。載せてある台から降ろすのが一苦労でした。
画像
やっとここまでになりました。
画像
クラッチレバーが二本あるので??なんて思っていたら、デコンプなんですよね!と、言う事は”キック”!!500単の!参ったなー・・それも左側ですよ。
まー「SR」で慣れていたのでなんとかかかることはかかりました。良かったー!
画像

画像
何故かウインカーが付いていません。日本じゃ車検は無理なのでスイッチを改造してリレーを追加、フロントにウィンカーを付けて配線です。リアはサイドバックにビルトインされてたランプをウィンカーとします。
画像
ライトスイッチがなくなるので右に追加です。左のスイッチとある程度の連動ですから、左から配線を回します。
画像
改造前スイッチ。
画像
ライトケース内のノーマル配線、これに結構追加してます。
画像
H4の球にこの有様ですから!!ビックリです。ちゃんとしたカプラーをSETしておかないと、燃えちゃうよー。
その他、ブレーキランプも駄目でしたので調整して点く様に・・・・Fのブレーキランプスイッチが付いてなくて面倒だなーなんて思っていたら、1940年以前のBIKEは”その限りではない”との事で助かりました。ドラムなので結構厄介なんですよね。
後は、メーターケーブルが切れていたので製作中ですが、それが完成したら予備検場に行ってみましょう。ライトが心配ですねー。