70年代、カワサキが放った強烈な2サイクルの化け物達、500SS MACH III (H1)、750SS MACH IV (H2)。
Z1(4サイクル)に道を譲り、消えていったのですが・・・ホントに凄かった!(ケムリも・・笑)

画像
500SS MACH III (H1)
画像
750SS MACH IV (H2)
500SSも強烈でしたが、CB750が出現したことで、それを全ての面で凌駕する”Z1”が出るまでのつなぎとしてボア・ストロークをUPし、加速性能&最高速を飛躍的に高めた750SS!・・・強烈でした。

当時も今もそれ程ツーサイは好きでないのですが(当時、高性能BIKEと言えば2サイクル)、各メーカーのBIKE達には色々と乗せていただきました。その中でも印象に残っているのは・・・
・トーハツ・ランペットスポーツ・・・色、デザイン、音、全てが最高でした・・・当時、中学生で夢のようなBIKEでした。
・ヤマハYDS・・・独特の排気音で、はるか遠くの方で走っていてもそれと分かりました。さすがヤマハで、乗っても楽しいBIKEでしたね。
・スズキGT750・・・やはりCBに対抗して出した恐竜!?・・重くてスムーズでビックリでしたね。
・その他、スズキT20,カワサキA1なんかも良かったねー。あーそれとスズキの500T(2気筒)、これもエンジンのデカサが強烈でした。

そして、ヤマハのRD400!こいつも強烈でしたね・・・当時は。フル加速すると前が上がって、上がって、恐怖を感じました。(笑)その上をいくのがカワサキ勢でしたから、危なかったです。ブレーキも足周りもヘッタクレ無!ホント怖かった。

そんなマッハを現代にリ・メイクすると・・・下のようなBIKEに・・なるのかなー?
エンジン、足周りその他はZ1000をそのまま使い、エクステリアをマッハ流に、ウケルかも。
画像