KAWASAKIから始まり、各社出揃ったQuarter、ヤマハの回答がこれのようです。

画像


YZF-R125の流れを汲むとってもレーシーなプロフィール、さすがヤマハです。しかし、問題はエンジンにあり。と言うのもこれだけ容がレーシーなのですから、余り大人しいエンジンではそぐわない。

又、新設計するにもコストがかかり過ぎる・・・となると、高性能では定評のあるWR250Rあたりのエンジンを使うのが手っ取り早い。しかし、チタンバルブ、鍛造ピストン、EXUP等が奢られている高級、高価(WRは70万超え)なエンジンでは他社BIKE(価格破壊?)に対して価格的に・・・。

ジレンマに陥っている感じがしますが、早く見たいものです。(笑)インドかベトナムで製造でしょね、これからは。