11月23日
フレームその他の下塗り(サフェ)が終了!
画像

画像

カウルステーの細かな部分を切ったり張ったり、ライトステーも兼ねているので、カウル&ライトを付けたり外したりしながら位置を微調整してステーを作り変えです。これは結構、時間を食いました。

ライトは180φのSR用(ほぼ新品)があったので、迷わず選択、純正は確りしているし、レンズカット&リフレクターが良いので車検時(光軸がウルサイ)に助かります。

大分慣れましたが、パイプ状(フレーム)のペイントも面倒な部類で、初めにひっくり返して裏側を塗り、乾燥後又ひっくり返して上側を塗っていきますが、完璧と思っても結構塗り残しや薄い所が間々あります。

乾燥後、磨いて本塗りですが、赤にしようと思っていたのですが、未だに決め兼ねています。(笑)

11月21日
二日連チャンでLeMans1000を弄ってます。
テールランプ&カウルステー、ステダン等の取り付けですが、色々と悩み、楽しみながらやってます。(笑)

画像

仮のエンジン(850T系)をSETし、タイヤサイズに切ったダンボールを当ててテール周りの製作に入りました。テールランプの位置を決めるのにタイヤが無いと決めにくい為、こんな感じに・・。
画像

クロモリのテールカウルの骨に直接マウントを溶接です。切り抜いた鉄板を折り紙の用に組んでロウ付けしていきます。テールは結構振動がきついので箱状(モノコック)にし、テールアッシーはフローティングする方向。
画像

画像

画像

画像

テールランプの配線を隠したいが為の作業ですが、丸一日掛かりました。(笑)ナンバーステー&テール取り付けステー(アルミ板)に太めのアルミパイプ(曲がり)を縦割りして溶接し、溶接部を磨いて一体化、結構スッキリしました。

最後端なので振動がきつい為、上記製作した物はWELL NUTでフローティングしてあります。
このナットは超便利品でカウルその他、BIKE製作には欠かせませんね。
画像

カウルもエンジンに合わせて長さを詰め、ステーを追加(タンク横に2カ所づつで4カ所、ミラー部が2カ所・・計6カ所)してあります。ステダンは1100Sportの物(三又がSportですから、取り出しも同じ、トンティーには無いタイプの取り付けです。)を・・・フレームダウンチューブにステーを溶接。
写真は今現在の状態ですが、そろそろペイントに入れそう!

850T/S号のバックステップ
画像

画像

画像

画像

今までのステップ(Tarozzi rear set foot rest kit)もそこそこ良かったみたいですが、見た目ポジションがイマイチ(本人は悪くないと・・)だし、リンクの多さが・・・。(笑)

今回、リリースしたステップKITにはひと役も二役も加担!?しているのですから変えない手は無いよねー。^^

雰囲気はとってもカスタムぽくなって良い感じだし、乗車時、後ろから見た感じも今までよりは決まっていました。Tarozziは足が開いて上過ぎの感あり。暫く乗ったら又、コメントを・・。