本日、やっと完成です。GUZZIは面倒ですね。^^
画像
以前、フルレストア&カスタムした850Tですが、納めてから殆ど点検等をしなかったので、各部増し締め、タイミング調整、キャブ調整等も合わせて行い・・・大分乗り易くなりましたね。タコメーターワイヤーも試乗中切れたので、交換でした。

画像
何時もの様に、殆どが全バラ状態となります。

画像
フレーム後ろを持ちあげて、エンジンとM/Tを分離、ここまでが結構大変。

画像
クラッチをバラシ、Newのクラッチをセンターを出しながら組み込みます。これが結構微妙です。ツインプレートなので少しでも狂っていると先ず入りません。古いClutch hubを使いセンター出しをしておきますが、慣れると目視でほぼ行けます。(Clutch hubは使います。)

画像
シール関係は走行も少ないので、問題ありませんでした。新品のClutch hubに交換です。これはスクウェア用で、ラウンドとはスプラインの形状が違います。=こちらが強い!

画像
これがお得な4点KIT(本来は後期型用)です。クラッチ板x2枚、Clutch hub(deep 4mm spline)、Cutch intermediate plate、回り止めワッシャーがSETされています。

画像
外したクラッチ板。実測7.8mm~7.6mm位(新品は8.3mm)で、まだ許容範囲なんですが・・。タッチは確かに良くなかった??

組み込み後、乗っては調整しての繰り返し、大分良くなったので、完成とします。