乗り物/234のblog

Bike屋(MOTO GUZZIオンリー)の「カスタム&販売車両情報」や「私的好奇心を擽る乗り物達」のブログメディアです。

2007年12月

GTR/凄いオーラ

画像


現車、見てきました! 伝統のシルバー(30万UP!)・・良いですねー。

これが800~900前後とは!安いんではないかい?日産が全身全霊を入れた?入魂の作品で、ゴーンさんもなかなか首を縦に振らなかったそうな!

実際に車を前にしてみると・・大した車ですよ!国産車でこれだけ”オーラ”を発してる車はそうそう在りません。

何にでもとやかく言う御仁がいますが、これは大した車だと素直に思っちゃいます。とにかく、あの性能であの値段は世界中どこ探しても「無い」と、断言します。デザインも実車を前にすると「どーでもよくなる」=黙らせる迫力!?

当方に数年前、元日産のエンジニア(GTR開発陣の一人)が来て、色々なお話を伺いましたが、強烈な自信というか、自負をお持ちでした。

他メーカーの同じような車(エンジン)と一緒にしてくれるな・・・これが強く感じられました。作り方(設計、製作、製造、材質)と言うか、気合の入れ方が全く違う(特にT社等とは)・・ノーマルシリンダー(エンジン)で1000馬力に耐えられる物ありますか?・・・なんて一例を挙げてました。GTRは別物なんですよ!なんて言ってましたね・・・そばにごろごろしてると有り難味が無くなる。(笑)

本物のエンジニアの話には説得力と言うか、迫力がありました。

まー実際チューニングされてるGTR(RB)は怖いような「音」=良い音なんですが・・してますよね。

又、イギリスなんかではGTRフリーク(リッチな車好き)が結構いて、33、34GTRを1000万以上出して、自慢げに乗り回してるそうです。

今回の車は初めて輸出にも向けられるそうで、気合が入ったようですね。ニュルでがんがんやられたら、並みの車では持ちませんからね。


過激な3輪車

画像

画像

画像


強烈なトライクが出現!

エンジンはハーレーですが見ての通り”超ライトウェイト”・・・走らないわけないですよね。
「This is the F3 Adrenaline 」なんて謳ってるところを見ると、危ないくらいの性能なんでは?

これで公道OKなんですから、良いですよねーあちらは・・。フォミュラーリブレか昔のFLあたりの前回りを使えば簡単に作れそうですね。

タイヤ&ホイールサイズですが、コーナーリング命のスペックのようで・・。
Front Rims 18 x 9, Billet Aluminum, Speed Nut
Front Tires 235/40-18, Pirelli P Zero Nero
Rear Rim 20 x 12, Billet Aluminum
Rear Tire 325/25-20, Pirelli P Zero N

タイヤサイズを考えればもっと強烈になるでしょうね・・少し”でか過ぎ”です。

危なくなり過ぎかもしれませんが、エンジンもハーレーだけでなく、アプリリアの1200やドカの1098あたりを使えば更に面白いかもです。

VIDEOもありますから興味ある方どうぞ!
http://www.trirodmotorcycles.com/motorcycles/adrenaline_specifications.html


スバル製BIKE!?

画像

画像


「スバル製BIKE!?」ではなく、スバル製のエンジンを使ったBIKEが誕生しそうです。

過去に「HOREX」=単コロの500ccエンジンを使ったカスタムなBIKE(高かった!けど物は良かったと記憶してます)を少量作った佐々木さんという人が、新たに興したメーカーで生産するBIKEです。

スバル製、500cc、50hps/8000の短気筒エンジン(スノーモービル?)を使い、フレーム、スイングアーム、外装等、主要な部位はオリジナルでやるそうです。

その他、ホイール、足回り、ブレーキ、電装関係等は今や誰でも手に入れることが出来ますからね。

生産は人件費の安いお隣さんの中国です。クォリティーには大変気お使い=これが一番苦労したのでは?生産に向け最後の調整に励んでいるとのことです・・・成功すれば良いのですが?

価格も競争力のある価格帯だという事なので、とても気になりますね!

スポンサーも結構大きなところだった?・・・・・忘れました。

元、BIKEメーカーのエンジニアだったこともあり、写真で見る限り破綻は見られません・・とてもまともです・・まとも過ぎかなー。(笑)・・・・顔が12Rにちょと似てる?


Guzzi試乗会

画像

画像


12/2(日)は、お台場はメイン通りとでもいうべき場所にある、ダイネーゼ店前にてフクダモータースが行った試乗会に”ちょこっと”顔を出しました。

残念ながら予約が結構あり、お目当てのBIKEに乗れそうもない(2時間待ち!)のでとんぼ帰り・・今回は諦めでした。

行った目的は試乗もありますが、Guzzi乗りが集まるのですから”おもろいBIKE”が来てないか?もありました・・・残念ですが今ひとつでしたね。

しかし、凄いですね!あのお台場にお店=BIKE屋を出すなんて・・ロッシで有名な「ダイネーゼ」と今や飛ぶ鳥を落とす勢いの「KTM」がコラボしてるんですよね。

一応、ウエアーも見てきましたが・・・高くてとても手が出ませんです。(ダイネーゼは洒落てますが高いんですよね)

初めてKTMの最新BIKEをまじまじと見てきましたが、「LC8」のエンジンの小ささや思いの他作りが良いのに驚きました。欧州でBMWとシュア争いをしてるのが頷けるものでしたね。

私のBIKEは、フクダの若い営業が車道から引き回して一番目立つ場所に置いてくれたのですが、流石慣れたもので・・そこそこ注目もされてましたよ。(笑)

ドナーはビートル!?

画像


こりゃ叉凄まじーですね!
ベースは68yのVW空冷リアエンジン=ビートルです。

ヒューストン在住の芸術家「ウィリアム・バージ」作とのことですが・・「んー」と唸りしか出ませんです。

見出しに「It’s a shame we don’t 」なんてことが書いてありますから、誰でも感じることは同じようですね。

この作者、少しヤバイんでないの・・・発想&造形が凄いというか、”悪魔的”というか・・向こうの世界からヒントもらったのでは・・なんて思わせます。

左右フェンダーの顔なんて、西洋に古くから伝わる典型的な悪魔の顔ですよね。

それにしても”気持悪い”というか”気味悪い”車です。
最新コメント
参加中のブログ
ブログ名 乗り物/234
お問い合わせ

名前
メール
本文
プロフィール

jzrima

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • V9、R回り(フェンダー他)・・・・②
  • V9、R回り(フェンダー他)・・・・②
  • V9、R回り(フェンダー他)・・・・②
  • V9、R回り(フェンダー他)・・・・②
  • V9、R回り(フェンダー他)・・・・②
  • V9、R回り(フェンダー他)・・・・②
  • V9、R回り(フェンダー他)・・・・②
  • V9、R回り(フェンダー他)・・・・②
  • V9、R回り(フェンダー他)
アーカイブ
  • ライブドアブログ