乗り物/234のblog

Bike屋(MOTO GUZZIオンリー)の「カスタム&販売車両情報」や「私的好奇心を擽る乗り物達」のブログメディアです。

2008年08月

カワサキNewエンジン

画像


08y9月に川崎重工業が面白いレイアウトのエンジン(BIKE用)を発表しそうです。
既に、Husabergが完成させているエンジン(450単)に考え方が似てはいますが、短気筒に対してKwaはマルチシリンダーが主体か?

Husaberg製は、川崎が持っているらしい特許には抵触していないようです。(完成はHusabergが早かった)

BIKE質量の重心にクランク軸を持ってくる(近づける)、とういう事が大前提で、利点は第一に操縦性の改善、その他はエンジン全高&全長の短縮、それに伴うBIKEデザインの飛躍的な自由度等でしょうか。

まー”V型エンジン”のような塊感が具現できるようですね。モトGPエンジン開発で、「パラ4エンジン」を色々な角度から試行錯誤しているカワサキらしいエンジンではあります。

最近のカワサキはBIKEデザイン(デザイナーを4輪のマツダからハンティング=急に変わりました)、新型車種の狙いどころといい、他社に無い独自性が感じられます。

実際、新しいデザイナー(この人が凄い)が加わり、現場にカルチャーショック的な刺激が入ったそうです。

画像


「表題のエンジン」には関係ありませんが、上記デザイナーの代表作になりそうな、「ニンジャ250R」が上の写真です。

「普通2輪免許で乗れるフルカウルのニューモデルが、国内のバイクラインナップから姿を消してからもう10年を超える。1980年代のレーサーレプリカブームとは反対に、1990年代から2000年代は、スポーツバイク受難の時代と言えるだろう。公道ではもてあますほどの高性能化と、それに伴う高価格化、そしてユーザー嗜好の変化でフルカウル付きのスポーツモデルは衰退していき、ツーリング向けとして一部を残すだけとなっていた。そして、昨今の排気ガス規制の強化によって、スポーティなネイキッドモデルすら生産中止を余儀なくされるなか、250ccクラスに待望のカウル付きニューモデルが発表された。それがカワサキの「ニンジャ250R」。250ccのカウル付きスポーツモデルとしては、10年ぶり以上。しかも、各社が新車価格を引き上げる中、50万円を切る意欲的な価格での登場だ。業界内でバイクユーザーの減少が問題視される中、エントリークラスである250ccに完全新型が登場したとあって、ニンジャ250Rは今もっとも熱い視線を浴びているモデルとなった。」ー記事抜粋

画期的エンジン!?

画像

画像

画像

画像

画像


良くもまー色々な物を考えつくものです!
レシプロエンジンもこれ以上やるとこ無いと思ってたんですけどねー。
クランクを無くす!こんな発想”良くもまー”です。

シングル、水平対向(これ系がベストか?)、V型、星型とバリエーションは豊富です。
既に色々な車両に搭載し、走り回ってるんですから・・・紙に書いた餅ではないようです。

利点は、ドカティーのカム駆動(デスモドロミック)のように絶えず軌道が固定されているので”ブレ”が発生しない事か?
ピストン下にベアリング(肝心要の)が追加されるので、少し重くなるが、絶えず接地しているので問題は発生しないでしょ。

クランク、コンロッドの類がないので高回転では有利だし、上支点から下がる時の問題やコンロッドにかかる巨大な力からも解放され巧くパワー(回転)が引き出せそうなエンジンです・・・これは”画期的”と呼べますね。

部品点数の多さが若干のマイナス要素か?(ガサも大きくなるし、重くなる=高価)
トロコイド?(これがクランクの働きをする)の精度もロータリー並みか・・。

いずれにしろ楽しみなエンジンです!


最新コメント
参加中のブログ
ブログ名 乗り物/234
お問い合わせ

名前
メール
本文
プロフィール

jzrima

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • LeMansⅡ改、売り車両
  • LeMansⅡ改、売り車両
  • 連休最後(23日)の千葉ツー
  • 連休最後(23日)の千葉ツー
  • 連休最後(23日)の千葉ツー
  • 連休最後(23日)の千葉ツー
  • 連休最後(23日)の千葉ツー
  • 連休最後(23日)の千葉ツー
  • 連休最後(23日)の千葉ツー
アーカイブ
  • ライブドアブログ