乗り物/234のblog

Bike屋(MOTO GUZZIオンリー)の「カスタム&販売車両情報」や「私的好奇心を擽る乗り物達」のブログメディアです。

2011年07月

MOTO GUZZI 850T改

もう直(8月初旬)、ヨーロッパより入ってくる「850T改」です。

画像

画像

画像


エンジンはエルドラドの物が載っているという事なのでそこそこ楽しみにしていました。本来、これは売るつもりもなく、少し改造してあるので弄り倒すのに好都合!なんて思っていたのですが・・・。

エルド/エンジンはフライホイールが一番重いということらしいので、通?(好者)の間では、この系統のBIKEに積んだら結構面白いBIKEになるのでは?・・なんて囁かれていたようです。

まー私はそんなに拘らない(フライホイール)のですが、弄りやすそうなので即注文した訳なんですが・・・何故か話が勝手に進み、売ることに。(涙)

構想は出来ていたのになー・・・スポークホイールにして、エンジンはジェラドーニ他その他色々、キャブはデロルト/PHM,小さめのカウル(ル・マン1風)、出来ればアルミタンク(アルミ地肌)に・・・なんて・・。(笑)

買主さんはとってもBIKEへの造詣が深そうな方なので、今回は”善しとしますか”です。しかし・・・残念!!

キューブで北海道③

函館は初めてなのですが、瀟洒な洋館や和洋折衷を絵に描いたような建物、見ごたえのある教会が多数あり、目を楽しませてくれました。
画像


中でも、函館山中腹には歴史ある建物が多く、旧函館区公会堂、旧北海道庁函館支庁庁舎、旧ロシア領事館、函館市旧イギリス領事館(開港記念館)など歴史的建造物が圧巻でした。中央にある元町公園もとてもよく整備され、見晴らしも良く、なかなか気持の良い所でした。

画像


雰囲気としては長崎に近いと思いますが、港元町に通ずる雰囲気があちらこちらに溢れ、とてもキレイな町並みでした。点在する一般住宅も町並みに合わせ雰囲気ある建物ばかりで、気の使いようが伺われます。短い時間でしたが、ワンコの散歩を兼ね、色々散策できて良い記念になりました。

一つ残念なのは、日本三大夜景と言われる函館山ロープウェイ頂上からの眺めを時間の都合観れなかったことです。まー次回の楽しみとしておきましょう!(笑)

散歩後、軽い朝食を取りニセコ方面に向いますが、どの道を行こうか?になり、ホテルの奥さんにお伺いです。
函館からだと「大沼」くらいしかないのでは、とのご進言で早速ナビに「大沼」をSET,出発です。

そうそう、ホテルで相模からBIKE2台(ハーレー)、ワンコ2匹(Mダックス)のご夫婦と一緒になり少しお話を・・・しかし、BIKEでワンコ2匹ですからビックリしました。ご主人がタンク上、奥さんがPシート上にソフトゲージを置き、その中にワンコです。ワンコも車よりBIKEの方が慣れているようで、楽しんでいるとのことでした。

しかし、北海道はホントにツーリストが多いですね!
BIKE,車、キャンピングカー等で、長い人は3ヶ月位楽しんでるそうです。まーキャンピングカー(外車のデカイ奴が多い)で長く回ってる人達は殆どがリタイヤ組の60才前後のご夫婦でした。羨ましい限りですが、人生を思いっきり楽しんでますね。・・・震災で苦しんでる人達も居るので少し複雑な心境ではありましたが・・・。

画像
日本離れした「大沼」の景観。




キューブで北海道②

7月20日
十和田観光ホテルに一泊し、AM9:00頃には青森港を目指して出発です。
このホテルはお風呂(もち、温泉)も良いし、食事も配膳のおばさんの愛想も良いし、宿泊費も安いし(ワンコは一匹¥1000)でお勧めのホテルで書き込みも頷けるものでしたね。

安くする為なのか、ホテルマンの数を極力減らす方向のようで、ホントにホテル側の人が居ません。チェックアウトするまでに4人位しか見ませんでしたね。(笑)

車にワンコ&荷物&義母を積み込み、前夜予定していたように東北道に向わずに、下道を一路青森港を目指します。十和田湖→奥入瀬渓谷→八甲田山→青森港と巡る道筋です。

画像
石ケ戸[奥入瀬渓流]・・・2本のカツラの木に一枚岩が寄りかかり、岩屋ができている。女盗賊の隠れ家だったという伝説も。中は結構広く、10人くらいは楽に入れますし、雨をしのげます。

奥入瀬渓谷も最初は「関東にあるような渓谷みたいだなー」なんて言っていたのですが、十和田湖から流れ出る川の流れ方が全く違い、秘境という言葉がピッタリするような雰囲気でなかなかのものでした。

川辺には遊歩道が所々に設えてあり散策しやすくなっています。軽装備で自然に触れ合う事ができ、多くの人が楽しんでいました。

奥入瀬渓谷を後にして、高倉健が主役の映画「八甲田山」で有名な八甲田山に・・・・「八甲田雪中行軍遭難事件(はっこうだせっちゅうこうぐんそうなんじけん)は、1902年(明治35年)1月に日本陸軍第8師団の歩兵第5連隊が八甲田山で冬季訓練中に遭難した参加者210名中199名が死亡する事件。」

画像
八甲田大岳のふもと、酸ケ湯温泉・・・蕎麦饅頭&蒟蒻などを食する。(笑)効能は・・・乳白色をした酸性度の高い湯が特徴で、一度湯船に入ると、肌にしっとりとなじみ、その効能を肌で感じることができます。温泉地の源泉は5本あり、神経痛やリウマチ、胃腸病などに効果があります。・・とのこと。
画像
入ろうかとも思いましたが、入浴だけで¥1000.とは!つい最近まで¥600.だったそうですが、こんな山の中の温泉、¥500.がいいとこでしょ・・ボリ過ぎ!?

温泉の建物等を見学し、ワンコの散歩を軽くして、早々に「青森港フェリーターミナル」に向います。途中、青森市内に入る直前、畑/直売のブルーベリーを食しましたが、粒が大きく結構美味かった。畑には色々な種類のブルーベリーが生っていて自分で収穫する事もOK。食べ放題でなく一カップ¥500.なり。

その後、軽く昼食をとり、乗船手続きをして車の列に並びます。直に乗船となりフェリー(津軽海峡フェリー)に・・・これが結構デカイ船で大型車をメインに積載が考えられているようで、内部(車は2層)も良く出来ています。積み込みは後部より、出るのは前部からで・・・なるほどでした。
画像
これだけ広い海峡じゃ中国の原潜も来るわな!自衛隊も大変ですが頑張って貰わなければ・・。
画像

画像

画像
画像
ここが優れものの新設されたワンコルーム。本来は用意されたゲージに入れておかなければならないのですが、私達だけなので貸切状態・・・まるで一等船室並み。(笑)

画像
画像

4時間の船旅で函館に到着です。ホテルにチェックインする前に函館レンガ倉庫などを見学。

やっと北海道に入りました。港から娘の居るニセコに直行せずに函館で一泊ですが、ここを通過しなくて正解でした。ホテルはやはりワンコOKの小さなホテルですが、函館山の中腹にあるなかなか雰囲気の良い場所にあります。

(続く)

キューブで北海道①

7月18日 
家族3人(妻&義母)とワンコ3匹(マロン&ソラ&のの)を乗せ、初代キューブ(Z-10)!にて娘達の居る北海道を下道で目指しました。

「何故キューブ?・・・この車は、私達が北海道旅行に使う事を考えてヤフオクで安く手に入れた物・・・レンターカーを借りる事を考えたら安い物ですし、普段は娘達も使えるし、何時行ってもOK!車が無いと生活できない(し難い)北海道では娘の車も借り難い・・なんてのがあり、落札してしまったような訳です。(笑)」・・・ナビ&ETC付きで10万前半(走行63000km)ですから・・・。

画像
函館山にて

当初、早朝出発し、一気に青森は十和田湖までなんて考えていたのですが、高齢の義母&ワンコ3匹、そして車が車ですから・・・初日は少し近場ですが那須塩原まで。宿泊先のワンコOKのロッジには時間通りに到着です。

画像
ソラ&のの、結構寛いでいまいした。このロッジ(写真撮り忘れ)のオーナーさんは、ワンコ好きの元有名ホテルシェフだそうで、なかなか美味しい料理(フランス)を出してくれました。

ここは食堂までワンコOKで、皆さん愛犬を連れて食事してましたが、他のワンコのお行儀の良い事・・・それに引き換え家のは!・・・他のワンコの夕飯までおもいっきり食べてました。(汗)

7月19日
6時起床、即朝風呂(温泉)につかり、ワンコの朝食を作ります。その後散歩をしてから美味しい朝食を頂き、青森は十和田湖を目指して出発です。

東北自動車道に入り、青森を目指しますが、ここからが長い!!車も非力な1300cc、たらたら走ってると何時着くやらですから、そこそこ(100+)飛ばします。しかし、1300は辛いですね。

途中、数回の休憩をはさみ、まー何とか19日中に十和田湖に到着しました。(笑)既に走行距離は800kmを越えています。文句は言ってますが、大した物で大人3人、ワンコ3匹、少なからずの荷物を積み100kmオーバーで走りきってしまったのですから大した物です・・・それも10数年前の車です。さすが国産車ですね!

画像
ここもワンコOKのホテル(十和田湖観光ホテル)で、書き込みを見て決めましたが、なかなか良いホテルでした。ワンコ連れはテラスにてお茶を飲め(セルフですがコーヒー等が無料)、お酒も¥500なりで飲み放題です。夕食&朝食も食べきれないほどの品数、それで¥8000/一人位でした。
画像

ホテルの前はプライベートビーチのような雰囲気で、湖に繋がり、ワンコの散歩にも打って付け、人も少ないし安心して離せるし、又行きたいと思わせるホテルでした。

(続く)

Bimota HDB-2

画像

ハーレーエンジン(V-Rod/4V DOHC)を使ったビモータが計画されているようです。

これは良いですねー!!容も・・特にシート形状が・・往年のビモータを彷彿とさせるよで・・。
エンジンもV-Rodの他にビューエル版ハーレーエンジン/2V OHVも出せば面白いし、多少は安くなるかも?
BIKEが300とか400まで行っちゃうと現実的でないからねー。

しかし、こんなの出たら欲しくなっちゃう人多いだろうね・・・更にGuzziエンジンのが出たらもっと面白いのになー。このあたり狙ってる人は、結構変わり者(一癖あり)で色々乗って来た人達でしょうからね。(笑)


最新コメント
参加中のブログ
ブログ名 乗り物/234
お問い合わせ

名前
メール
本文
プロフィール

jzrima

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • LeMansⅡヘッドO/H&カスタム依頼⑤
  • LeMansⅡヘッドO/H&カスタム依頼⑤
  • LeMansⅡヘッドO/H&カスタム依頼⑤
  • LeMansⅡヘッドO/H&カスタム依頼⑤
  • LeMansⅡヘッドO/H&カスタム依頼⑤
  • LeMansⅡヘッドO/H&カスタム依頼⑤
  • LeMansⅡヘッドO/H&カスタム依頼⑤
  • LeMansⅡヘッドO/H&カスタム依頼⑤
  • LeMansⅡヘッドO/H&カスタム依頼⑤
アーカイブ
  • ライブドアブログ