乗り物/234のblog

Bike屋(MOTO GUZZIオンリー)の「カスタム&販売車両情報」や「私的好奇心を擽る乗り物達」のブログメディアです。

2011年08月

MOTO GUZZI 850T改④

ホイールのペイントが済、ベアリング交換に入りました。
サフェを磨き、シルバー(ボルボ850/シルバー)を吹き、最後にクリアーで完成です。天気が良いいので、あっという間に乾燥してしまいます。1日くらいは置いた方が無難ですが・・・ベアリングを抜くだけですから・・。
画像
既にベアリングは抜いた状態!ベアリングを揃えるために確りしたサイズを測ります。それには当たり前ですが、現物を測るのがベストです。・・・でも、リアが抜けなかったなー!回りがアルミだと比較的簡単に抜けますが、リアは鉄なので、異常に硬かった。・・年式もありますよね。

画像
各サイズを計測し、BIKEで2~3分の所に有る”私御用立つ”のベアリング屋さんに直行です。今回は、ヘッド、ピボット、ホイール前後、スイングアーム内のベアリングを全て交換です。いくら安い(安くても精度は世界一)と言ってもこれだけ買うと結構なお値段・・・それでも純正の5~10分の1(物により)!位でしょ。ピボットとステアリングヘッドが難しいかなーと思っていたら、さすがNTN,全て揃いました。しかし、よく在庫が有ったなー・・・行くの分かってたのかなー?そんな分けないよね。(笑)

画像
ピボットのレースですが、ここは相当の力が掛かる所、案の定かじってました。見といて正解!このレース取るのも大変!ですよ。

画像
スッキリとベアリングが無くなったスイングアーム、ピボット部。ブラインドでおまけにテーパーなので非常に面倒です。

画像
此方はスイングアーム内、ペラシャを支えるベアリング部です。既に抜いてありますが、これは裏から叩けるので比較的簡単です。この辺りも交換しておけばスムーズさに拍車がかかります!?・・・しかし、固定デフは静かですよね、1100のフローティング(過渡期で未完成?)から乗り換えると感心するし、非常に面白い!(笑)

明日にはベアリングを入れ、タイヤを組んで下回りはほぼ。細かなパーツ類(キャブ=VHBのO/H・KIT&フロートニードルも入りました)も徐々に揃ってきてるので、完成は見えて来た?かな~。


MOTO GUZZI 850T改③

8月25日
前日までOILを出し切っておいたエンジン、M/T、ファイナルのOIL交換を・・・。OIL交換には結構ノウハウが!(笑)エンジンOILはレベルゲージを根元までねじ込み測り(もち、車体は水平に)、その他のOILも量が結構シビア。
画像
OILパンをはぐってみれば・・・案の定、底に2mm近くの廃油がベッタリ!汚れ&スラッジ&OILの添加剤なんでしょうが、それにしても・・・。
画像
フィルターを外し、洗浄、そしてNewフィルターを装着し、ガスケットを交換して終了となります。ガスケットには両面にモリブデン等をスプレーしておきます。
画像
クランクケース内を下から覗いてみれば・・・思いのほかキレイで、パリッとしてました。その内O/Hするとのことなのですが、暫くは乗れるでしょ!?(乗って判断?ですかね)
画像
エンジンOILは・・古いGuzziにはこれしかないでしょ!で、AMALIE PRO HP15W50を選びました。まー当方の”これ系BIKE”にお勧め(在庫)は、これのみだしね。

8月28日
オーナーさんとご友人(T君)が”お土産”を持って(積んで)来店。

前日までホイールの塗装準備をしていましたが、下地磨きに右手人差し指の指紋が薄くなるくらい・・・。(笑)
画像
画像
写真のように剥がれている所が面倒、塗装が厚いので段付きを無くすのに手間が掛かります。 
「Guzziの先生」曰く・・・このホイールは非常に塗装が強いらしく、サンドブラストでもなかなか取れないそうです。水を流しながら耐水ペーパーで磨くしか有りません。
画像
オーナーさんが持ち込んだハンドル、ライトステー、Rショック、タンクを”ご両人”で装着、少し問題もありますが、ぼちぼちですかね。”お土産”が向こう側に見えます。(笑)
画像

ショックの自由長が少し長く(Ⅲのノーマル+10mm)、スイングアーム垂角が強過ぎの感あり。そこでⅢのスイングアーム(20mm程長い=ショック取り付け部後退=垂角が弱まる)に交換することに・・・スイングアームのベアリングを全て交換するので、丁度よかった!?訳ですが・・。
画像
サフェ完了!よーく乾いてから本塗りの作業に・・・。ペイントが終わればベアリング交換を済ませ、タイヤ&ローター組み付け、車体にSETして車検場に・・。巧くいけばですが。

今回、縁がありそこそこ程度の良いⅢを手に入れました。乗れるようになるまでには、結構時間、お金が掛かりそう!ノーマルでいくか、弄ってしまうか・・・ゆっくり考えますか。
画像
白にしちゃおうかなー・・。(独り言)
画像
ホントは白のⅢが好きなんですよね。これにSportのエンジンを弄って載せれば最高でしょ!=独り言
(続く)

BMWフラットツインが水冷に!

いよいよと言うか時の流れと言うか・・・BMWよお前もか!(笑)
性能追求&環境に対する規制=(ますます厳しくなる欧米の規制)に対処するには・・・しょうがないと言うか必然(空→液)なのでしょう。

空冷エンジンの造形、音、匂い、トルク感等々・・好き物の趣向をくすぐる独特なものがありますが、過去の遺物になっていくんでしょうね。

画像
1923年 /マックス・フリッツ設計による「R32」=空冷フラットツインの製造を開始してから早90年、その歴史にいよいよ幕を降ろしそうです。

実際に空冷大排気量のBIKE、それもビックツイン等(BMWR100R&Guzzi1100Sport)に乗っていると・・・条件の良い・・空いた道、適度な気温&湿度等では痛痒を感じさせませんが、一度渋滞路、それも酷暑の日などには本当に参ります。

すり抜け等でエンジンに空気が当たれば問題は出にくいのですが、狭い渋滞路などでは油温がグングン上がり「エンジンにダメージが」・・・なんて考えるとひやひやします。(笑)自分で組んだので、中の状態が手に取るように分かるので・・。

BMWも最初にGSを選んだのは、やはり過酷な使用条件にさらされる機会の多いOff系BIKEだからなんでしょう。何れ全ての空冷は廃しの方向なんでしょうね。・・・少し寂しい感は否めませんが。

その点、水冷は全ての面で制御し易いですからね!音(通過騒音=メカニカルノイズ)、排気ガスがクリーン=燃料を極薄く出来る=燃費にも貢献、OIL粘度もホントに柔らかく出来、燃費が飛躍的に良くなる。
そして、各部のクリアランスを”キツク”出来ることにより全て良い方向に・・。

画像

画像
ラジエターの所在がハッキリしませんが、明らかに”液冷”。
・大きく変わったのはドライブ系が反対方向の左側へ!・・という事は、エンジンの回転方向も?
・吸排気が後ろから前→上から下に。
・ラジアルマウントのFブレーキ。

その他色々・・・。(笑) 2012(3)年!?いよいよです。




MOTO GUZZI 850T改②

画像
昨日までの夏休みも終わり、ガレージにて仕事を始めましたが・・・暑いのなんのって、屋根が鉄板ですから熱気でクラクラーときます。

画像

取り合えずは見てみますかで、タンク/シートを外し、電装関係をチェック!ライト=ダメ!配線を見直し何とかOK。ブレーキスイッチ=FはOK、Rは配線を追いかけて何とか・・・点きました。

問題のウインカーは配線&スイッチBOXをじっくり見て・・・なんとかなるでしょ。(明日ですね)・・・送られてきたウィンカーが酷い物なので、オーナーさんと相談して交換ですね。

画像
OILを全て抜いて、新油に交換です。エンジンOILは結構酷かった!OILパンを”ハグリ”フィルターも交換ですね。(明日)

一応、OILチェック後スターターをつなぎ、一瞬ですがエンジンを始動してみました。エンジンは問題なくかかりアイドルもOK,一安心です。

まだまだ見るところが相当あると思いますが、そこそこやって取りあえずは車検を取りましょう。

電動三輪+ソーラー発電

太陽光発電をメインパワーとしたクリーンでしかもとってもリーズナブルな3輪車を、パキスタンの若者(大学生)が考案しました。
画像
画像

恐ろしくシンプルなフレームに自転車のパーツを組み合わせた車体はひっくるめて$600以下・・・と言う事は¥4.5万以下ということでしょうか。

画像
自転車の変速機もそのまま生かしています。モーターですから、必要ないとは思うのですが・・。勿論バックもOK!

日本では公道走行は不可能な車ですが、許される国及び限られた道では結構面白いのではないかと思います。

材料のスチールパイプ(角&丸)、変速機付き中古自転車、モーター、ソーラーパネル、簡単な電装(スイッチ&トランス)、溶接機があれば完了です。
画像

先進国では難しいかもしれませんが、太陽光が豊富で人口の多い・・・例えば、インド辺りで普及させれば空気も汚れないし、最適そうですね。・・・市場を狙っているカーメーカーが、”嫌な顔”しそうですが・・。(笑)
最新コメント
参加中のブログ
ブログ名 乗り物/234
お問い合わせ

名前
メール
本文
プロフィール

jzrima

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • V9、R回り(フェンダー他)・・・・②
  • V9、R回り(フェンダー他)・・・・②
  • V9、R回り(フェンダー他)・・・・②
  • V9、R回り(フェンダー他)・・・・②
  • V9、R回り(フェンダー他)・・・・②
  • V9、R回り(フェンダー他)・・・・②
  • V9、R回り(フェンダー他)・・・・②
  • V9、R回り(フェンダー他)・・・・②
  • V9、R回り(フェンダー他)
アーカイブ
  • ライブドアブログ