乗り物/234のblog

Bike屋(MOTO GUZZIオンリー)の「カスタム&販売車両情報」や「私的好奇心を擽る乗り物達」のブログメディアです。

2015年07月

MOTO GUZZI V1000 G5 ポリス完成!

本日、完成です。無事に火も入り、スローも安定しています。ガスを入れ、チョークを引き、セル一発で始動です。左側キャブ(PHBH)がオーバーフローしてガスが溢れてきたので、O/Hキットを使い対処です。

今のところ問題はそれくらいで、暫く走ってタペット調整位でOKでしょ。少し走ったところ、ハイギアード気味ですがなかなか良い感じです。(笑)

画像
画像
なかなか良い佇まいでしょ?^^
画像
Hライト左右にブルーレンズのフォグランプを付ければ完璧ですね。一応、用意はしてあります。
画像
BIKEはこの角度ですね。もう少し後ろを下げ、シート後の黒いサブフレームを取り去り、丸いフェンダーを強調させるスタイル、下手に弄らないでスッキリしていてカッコ良いのですが・・・・^^ピリオンシートか荷箱かRキャリア??・・・・迷ってます。
画像
SPメーター&面白い位置のタコ、勿論ちゃんと作動します。

来週あたりに車検を取り、少し乗って様子を見ます。ポジションも楽だし、My1100Lemansより軽いし、エンジンの回り方も”グルングルン”で直線でも楽しいBIKEです。

興味のある方はご一報を!

トンティーのカスタム②・・・・SPⅢ改

07/06
画像
ベアリング関係を見直したスイングアーム(1000用の太い物)を装着し、ホイールをSETして後周りはほぼOK! 又、大負荷の掛かるユニバーサルジョイントは新品(高価です!=涙)に交換してあります。
画像
FフォークはドカF-1用(マルゾッキ)を延長、三又は某国産車用を加工流用、アクスルシャフトはチタン製ワンオフ、ライトステーは昔買って置いた中古のXJR用を加工取り付け、問題はフェンダー??

又、EXマニはエンジンがスクラ(1100)なので、排気量に合わせて1100Sportの物を仮にSETです。関係有りませんが、MyLeMans1100にもSport 用を流用じてます。^^
元々トンティー用では無いEXマニは何とか(H管を工夫)付きますが、それ用(Sport用)のクロスパイプを装着出来れば面白い(排気効率やマフラー勝ち上げの関係)感じになるのですが、スタンド等で苦労しそうか?

画像
こんな感じに三台を並べ、その日の気分(パーツの関係も大きい)に任せて弄ってます。^^
画像
リア周りは得意の純正使い回しをフルに活用し・・・リアローター(260φ)は数あるGuzziの中からジャストの物(面倒で金の掛かるローターインナーの削り出しが不要の物)を選びSET、キャリパーはSport用ブレンボ、サポート(回り止め加工は必要)はサトルノの物がドンピシャでした。ローター直径、サポート、キャリの三つの関係が非常に微妙(コンマmm単位)な作業ですが、思いの外巧く・・・後はスラスト方向のカラー調整でOKか・・。


07/05
エンジンとM/Tがドッキング、そしてフレームと合体です。
画像
ようやくトンティー改一番手が型になりそうです。^^ここまで来れば後はスイングアーム→ホイールとなり転がせるようになります。

画像
エンジン本体に位置決め(点火タイミング等で重要)に注意してフライホイールをSETします。
画像
クラッチKIT(ディスク2枚+プレート+クラッチギア+回り止めワッシャー)をSET,これはお得なSETですし、やっておけば50000Kmは軽くOKでしょ!^^
画像
フライホール(特殊工具の回り止め=これは便利=がSETされてます。)にスプリングを付け、Clutch pressure plate→ディスク→プレート→ディスク→クラッチギアを差し込みセンターを出し(これも非常に大事で、少しでも狂っているとディスクが2枚ですし、エンジン側からスタットボルトが出ている為”こじれない”ので先ずM/Tが嵌りません。=車はシングルなので、こじると結構嵌ってしまう。)クラッチカバーを被せて完成です。
画像
M/TのIN側のOILシールを交換しておきます。Oリングが2個、OILシールが1個ですね。
画像
クラッチギアをSETし、特殊工具で締め込み、回り止めツメを起こして完成、エンジンとドッキングです。
画像
完成したエンジン&M/T=完璧,これにフレームを被せると一枚目の写真に・・。

(続く)

MOTO GUZZI 850T3とトンティーのカスタム①

画像
画像
写真は、米国から入荷した850T、現在、鋭意レストア中ですが、平行してその他3台のトンティーをカスタムしてます。

画像
こんな感じで並べてやってます。パーツ管理が至極大変で、探し物に費やする時間がばかになりません。(笑)

画像
SPⅢ改ですが、エンジンがスクラでクランクケースが黒、そうなると当然ミッションも黒ですね。
画像
粉を吹いていたので、丁度いい塩梅でした。^^磨いてマスキングして黒にペイントです。これでクラッチをSETしてドッキング、BIKEが形になります。

画像
粉体塗装から帰って来た850TとⅢ改(850風=これが面白そう)のスイングアーム、これのベアリングを全ておNewに。その際、左側のレースを外すのが毎回大変な作業。スイングアーム本体とレースの間にスイングアーム径とベアリング外径を合わせるカラーの様な物が嵌め込んでありますが、これが有るので非常に外し難い訳です。(一緒に抜ける事が多い。)

又、そのカラーが左右の芯出し(シャフトドライブの為、左右ベアリングの芯が独立。)の為にエキセントリックになっている物があり、これにはビックリ!勉強になりました。^^

画像
Ⅲ改のフェンダーですが、形的に850風にするため、850系のフェンダーが必至。しかし、フォーク間が狭い(LeMans系は850に比べると20mm程狭い。)のであの特徴的なアールを持ったパイプステーでは入りません。そこでステンの平板で作ったのですが、時間掛かりました。フロント側はキャリパー共締、リア側は止め方が違うので大変でしたし、平板を長手方向で曲げるのと穴開け(一発で開けないと焼きが入りドリルの刃がなめてしまう。)で苦労しました。

まーこれで雰囲気は出ました。

(続く)

MOTO GUZZI V1000 G5ほぼ完成&T/Mの分解組み立て

G5がほぼOK!取りあえずはシングルシートで少し乗って(伊豆あたりにツーでもして来ます。)みましょう。なかなかカッコ良いです。

画像
結構、手が掛かりましたが何とか完成!かな。まったりした乗り味で、街中及び伊豆山中&海岸線等で気持ちよさそう。^^


トランスミッションのカバー交換他
画像
現在製作中(4台)のBIKE用M/Tを準備しなくてはと、組み換えその他を始めました。
画像


手持ちのM/Tはトンティー用が3基、Sport用が2基、その内トンティー用Ⅰ基はG5に使いSport用はそのままではNG,そこでバラシテの組み換えです。

画像
レイシャフトの出口が出っ張り、そこにブーツが嵌る分けですが、Sport用はシャフト剥きだしの為それが有りません。そこで、このカバーを交換するわけです。

画像
外す物をを外し、カバーをはぐります。渋い時は外からバーナーでベアリング部を加熱、スルっと抜けます。

画像
右がSport用、左がトンティー用です。

画像
バラシたSportのM/Tギアですが、バリ物ですね。^^
Sport用はストレートギア(ギア鳴り&バックラッシュが大きい)、トンティー用はヘリカルでこんなところにも差別化してるんですね。まーSportはパワーもあるし、高速型ですから・・・。

画像
左、箱の中はトンティー用、斜めギヤですね。

画像
ベアリングもSport用は新同だったので、移し替えです。ケース(カバー)外側をバーナーで炙ればころりと外れます。嵌め込みも同じ要領です。

画像
ケース&中身はSport用で、カバーのみトンティー用を使用、問題ない?と思いますが・・・。どんな感じか楽しみですね。^^

画像
被せてほぼ完成ですが、この後に細かな作業が色々とあります。

(続く)


最新コメント
参加中のブログ
ブログ名 乗り物/234
お問い合わせ

名前
メール
本文
プロフィール

jzrima

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
アーカイブ
  • ライブドアブログ