乗り物/234のblog

Bike屋(MOTO GUZZIオンリー)の「カスタム&販売車両情報」や「私的好奇心を擽る乗り物達」のブログメディアです。

2017年02月

1100SPORT2号が完成!

やっと完成しました。外装の手直しに時間が掛かりましたが、なかなかいい感じの仕上がりではないかと・・。
画像
外装はカウル&タンクはデイトナ、シートカウルがアプリリアRSレプリカ、キャブはPHM40にファンネル仕様です。バッテリーはショーライ、ハンドル、メーター、スイッチ関係はノーマル、点火系、充電系もノーマルを使っています。
画像
マフラーはテルミニョーニの分割タイプ、タイヤはダンロップSPORTMAX α-13の新品をSET。
画像
ミラーはレア物の丸タイプ。
画像
スクリーンはおNewをSET、大分スッキリしました。

ご興味ある方は連絡お願いします。

1000S
画像

画像
1000Sも少し進み、あとはタンクのペイントのみとなりました。これも販売中ですので、宜しくお願いします。

MotoGP Phillip Island テスト2 Newカウル

ヤマハに続いて、スズキ、アプリリアとNewフェアリングを装着してきました。やはり、レギュレーションをクリアするには今のところこのタイプしか方法は無いのか?
画像
スズキのフェアリングはヤマハとは少し違い、上の方に開口部が・・・。ライダーは「効いているのか良くわからない?」「ウイリーは多少抑えられる?」位のコメントです。
画像
少し特徴的な新型フェアリングですが、これのお陰かアレイシ・エスパルガロは二日目、何と6位のタイムを出しています。アプリリアにとっては驚異的なタイムですね。

本国での風洞実験では最高速を犠牲にせず、ある程度のダウンフォースを獲得出来たとのことですが、他メーカーに比べると非力なエンジンには好都合かもですね。又、この二重フェアリングは各メーカーライダーが異口同音に「コースとのマッチングが重要」で、どこでも使える分けでは無さそうとのコメント。

そして、本命のドカティーは未だ発表しませんが、明日あたり?しかし、肝心のGP17がイマイチのようで、GP16に負けてる始末、ロレンツォも迷宮に入り込みそう?結構、焦ってるんではないでしょうか?
画像

曲がらない、ブレーキングで奥まで突っ込めない、コーナー脱出時のアクセリングがイマイチと、ロレンツォには不利なことばかりです。羽根どころではないのかも・・・?動画を観ても、ロレンツォ特有の線を引いたようなスムーズで深いバンク角のコーナーリングが乱れている感じです。

1000S&1100Sport

1000SのフォークOIL漏れ(O/H)、ハンドル及びマスター交換、アウターチューブペイント若しくは磨き、タンクReペイント他に着手しました。

2/12 外装のペイント以外はほぼOKかな。
画像
フォークシール交換&O/H、ハンドルをセパハンに、、メーターステーを新規に、Fマスター交換、あとは外装のReペイントとカウル(LeMans1)を付けて完成になります。

フローチューン/ヘッド、FCR,レンシュポタイプマフラー(G製)、点火=ダイナ、Fフォーク=フォルセラ40φ、7075削り出しUPクランプ(ハンドルポスト有)、Fキャリパー=ブレンボ4Pの「カスタム1000S」になります。販売中ですので、ご興味ある方はご連絡を!

画像
LeMans1カウルを装着予定。賛否在りますが・・・。
画像
UPハンからセパハンに変更です。それに伴いメーターステーをSUSにて製作、大分スッキリ!
画像
フォルセラ40φ、オイルシール交換&OIL交換、アウターチューブが汚いので、何とかしましょう。

1100SportはほぼOKの状態まで・・。あとは細かな詰めで終わりです。Fフェンダーのペイント、Rブレーキを交換、外装の手直し位でしょうか?
画像
タイヤはダンロップのハイグリップラジアル(SPORTMAX α-13)のおニューを奢りましたが・・・。
画像
キャブはノーマルのPHM40、ファンネル仕様になります。メーター関係はノーマル、タンク&カウルはディトナです。


Desmosedici GP17 Salad BOX

画像
これはあくまでも憶測ですが、この通称、サラダBOXと言われる物の役割は、チャタリング防止に使命がある?ようです。通常の足回りのショックアブソーバーでは役目が違う為吸収しきれないチャターをフライホイールと数個のギアでアブソーバー的役割を担うパーツのよう??です。

チャタリングとは・・・原因はリアの剛性不足がかなりを占め、タイヤのグリップに対し、スイングアーム、フレームの剛性不足により、ねじれ、振動などがステムに集中し、フロントのぶれをきっかけに共振、増幅されコントロール不能になること。激しい状態になるとストレートでも転倒がある。

画像
構造はラック&ピニオンのステアリングと同じ機構で、ピニオン外側に更にフライホイールを回すギアが付いています。ハンドルとは逆の動作でラックの方でピニオンを回す構造=ギア比はピニオン側が大で、フライホイール側が小、入力に対して物凄い抵抗が掛かる筈、強力なダンパーみたいな物でしょうか?
画像
 リアの剛性不足等を補う目的か?創造の黄ラインからいくと、ウイリーコントロールにも一役買いそうな感じですが?
画像

画像
上記パーツを収めるには、このBOX内部の支点(ターミナル1)に相当の力が掛かるはず、重量増しは??何れにしても空力とは関係なさそうな感じですが、早く答えが知りたいですね。

こういった開発初期段階の目新しいパーツ類等には、良い物があったり、はたまた、ろくでもない物があったりと、見ていてとてもに楽しいですし、興味をひかれます。^^最近、まとまり過ぎてて、こういったのが少なくなったからなー!(笑)「チャパラル」なんて最高に興奮させられましたね。



1100SPORT改2号・・製作中

画像
前ログにて紹介したSPORT改2号の続編です。^^
これは、以前、私が乗っていたBIKEですが、完成予想の写真です。ホイールはノーマルになりますね。

画像
やっと見つけたRフェンダーをSET、すぐ上の棚にあるのに、なかなか見つからない!何時もこれですから、時間かかります。^^

画像
これ(バッテリートレイ)も見つからなかったなー・・・お陰で中二階のガラクタ置き場がきれいに整頓されました。(笑)結局、上には無し・・・これも工具の棚にかかっているのが目に入らない!?2日位探してました。

画像
マフラーはテルミの分解タイプ(これは希少でお高い!=当時24万!!)をSETします。勿体ないけど・・・。今、マフラー付けやってます。

画像
画像

マフラー付きました!やはり、この時代のBIKEにはテルミが似合いますね。軽くて作りも悪くないし、音も良いしで、なかなかです。

画像
画像
エンジンも無事かかりました。点火系はノーマルを使用、吹けも良い感じです。細かい配線の処理、ブレーキ関係を見直して完成か?
画像
外装も問題なく装着、細かなところの補修もやりますか!
久しぶりに跨りましたが、ポジションもGoodだし、とても懐かしい感じ!^^
1号は少し弄りすぎちゃったので・・・・この佇まい!こちらの方が普通で良いですね。(笑)

最新コメント
参加中のブログ
ブログ名 乗り物/234
お問い合わせ

名前
メール
本文
プロフィール

jzrima

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • XVカスタムの製作・・①
  • XVカスタムの製作・・①
  • XVカスタムの製作・・①
  • XVカスタムの製作・・①
  • LeMansⅡ&Ⅲ
  • LeMansⅡ&Ⅲ
  • LeMansⅡ&Ⅲ
  • LeMansⅡ&Ⅲ
  • LeMansⅡ&Ⅲ
アーカイブ
  • ライブドアブログ