20200917_141345
20200917_142202
普通のアフターパーツマフラーに交換するだけでしたら簡単でしたが、今回はノーマルが触媒付き、前述のマフラーにただ交換するとECUの問題が出てくるため、触媒も合わせて装着しました。このため多少時間掛かりましたね。
20200917_134228
上がノーマルで下が今回用意したマフラー、物はリバースコーンの長めです。上のマフラー前端部150mm位が触媒になります。重量は約、半分強位でしょうか、その他ゴツイステーやら触媒カバー(遮熱版)やらで半分位の重量になっているはずです。
20200917_134240
装着後の写真ですが、触媒部を先に完成させておいたので、すんなり付きましたね。音量はノーマルに比べ若干大きく音質も似たような感じです。車検もすんなりOKでしょね。
20200917_141426
ノーマルEXマニとマフラーの間の物(前後マフラーバンドの中間の物)が触媒になります。触媒単体(50φx70mm)をステンパイプで包み込む感じにしました。触媒の為熱が出るので、既にノーマルEXマニがこんなに焼けて変色してます。通常はこれにメッキのカバー(遮熱版)がされてますが・・如何するかなー?^^
20200917_141411
変えたと言わなければ分からない位しっくりしてます。^^
20200917_134256
56b640ff-s
上記写真二枚がノーマルですね。しかし、流石純正で、重いけど全てにバランスされてます。

マフラー交換後2日程通勤に使用してますが、ハンドルに伝わる振動が強くなったこと、音質に深み?が無い事、BIKEの性格が荒々しくなったことが挙げられます。まー言い換えれば、若干パワフルになった!って事なんですが、微妙なところです。^^思ったよりパワー出てないので、サブコンでも付けてみるかなー?

重量が左右で相当軽くなったこともRショックの感じでハッキリと体感できます。調整前はRが硬くて跳ねる感じ、減衰&プリを下げて元の状態に戻りましたが、バネレートを少し下げ減衰を戻したい位です。その他の違いはあまり感じれません。一番下に付いてる重量物なので感じ取り難いのでしょうか?

後はFフェンダーも下げました。
20200917_141450
20200917_141353
ノーマルのスタビは使えないのでアルミ板(5mm)から切り出したスタビ兼フェンダーサポートです。写真で見ると少しごついですなー。^^この位ないとスタビの役目しませんけどね。

そのうち、パーツは揃ってるのでRフェンダー交換もやりましょう。外装(タンク&シート)もV7風、Rホイールも17”にしたいなー。(笑)タイヤは130(ロードテック01)に交換済で轍に取られることもなくとても素直な感じになりました。

私的に・・最終的にはこのV9エンジンでV7の外装がベストですね。下の写真(欧州発)の様なやつ、これはV9ボバーベースの様です。でも、前後16"はNGでしょ!^^
c371b167-s
カラーも渋い!マフラーはザードか・・残念だけど、余り良い音じゃないんすよね。^^タンクやシートのSETもポン付けとはいかないと思うけど・・(シートキャッチ等、結構面倒)上手くやってるようです。