乗り物/234のblog

Bike屋(MOTO GUZZIオンリー)の「カスタム&販売車両情報」や「私的好奇心を擽る乗り物達」のブログメディアです。

ドライブ

白いBIKEに注意

本日、朝の通勤時に目撃し感じたことです。

日曜日の国道は白いBIKEが盛んに獲物を探してうろついています。おまけに安全週間とくれば彼らも血眼?

しかし、今朝のバイカーは可哀相でした。少し前のカワサキ/ツーリングBIKE/400cc=GPZでしょうか、奇麗に手を入れてあるのが一目でわかるBIKEで全くのノーマル、変な改造は一切なされてません。

装備も確りした物で正統派を絵に描いたようなライダーでした。早朝ツーリングの帰りか、はたまたこれから出かけて行くのかは判りませんが、キープレフトを守り”私のような強引なすり抜け”をするでもなく、私の(今日は車)前を走っていました。

速度も流れに沿ったようなものか、少し速いくらいです。しばらく走っていると”例の白いBIKE”がいつの間にか後ろのほうに追従(隠れるように)しています。そのBIKEに並走しているスクーターを狙ってるのかと思いきや、そのカワサキを狙ってるんですね。

厳密に言えば速度違反は違反ですが・・・たかだか10Kmほどではないかと・・彼等も仕事ですから攻める訳にはいきませんが、少し”?”がつく取り締まり。捕まえやすい物を獲物にしているってのが良くわかりましたね。

BIKEの彼氏(とても真面目そう)も暫くは気分がすっきりしない日が続くんでしょう・・可哀想!

そんなBIKEを探すより、もっと”他にやる事あるんじゃーないの”と言いたくなる一件でした。


アストンマーティンV8ヴァンテージに乗る

画像
画像
画像


ゴージャスなクーペ「アストンマーティンV8ヴァンテージ」に試乗できました。常連さんがモデナから買い替えやっと納車されたとの事で、何時ものように見せに来られたと言うわけです。

オーナーが何時ものように隣に乗り、首都高を大黒までドライブです。車の寸評?(賛同か)が聞きたいというのもあるようです。でも、羨ましいすねー!355、GT3,モデナときてバンテージすから・・・。排気デバイス(4000からバルブが開放)をカットし開きっぱのマフラーから奏でられるエクゾースト・ノートは痺れる快音でした。

4.3リッター/ドライサンプのV8DOHC32バルブ(380ps/7000rpm、41.8kgm/5000rpm)のエンジンをフロント・ミッドに搭載したFRクーペですが、NAの380psは数値ほどのパワー感は感じられず、かと言って物足り無いのでもなく、あくまでも”ジェントル”です=英国車です。

4382×1866×1255mmの大きさにしては思いのほか軽く、1570kgしかありません。これは走っていて常に感じられる物です。ちょろちょろとするものではなく、ドイツ物のようなどしっとしたスタビリティーがあるわけでも無い、軽さを伴った独特の乗り味です。まーこれが良いんでしょうがイギリスのカントリーロードなんかから生まれた操縦性の一端では?そこをエンジンを軽くハミングさせて流すのは最高でしょう。

911を仮想敵に作られた車ですが、性能はそこそこで、911のように車に急かされる事に飽き飽きした方達向けの車が極論ですかね。オーナーさんも「ゆっくり走っても絵になる車」、という事で選んだそうです・・1550万ですが!

慣らしも終わっていない車ですが、何時ものように「回して良いよ」で結構回しましたがPのように目を三角にして飛ばす車ではなく、あくまでもジェントルに流す車です。前に入られても「カチン」とはこないで「お先にどうぞ」が自然にでる感じですか・・・。

車は流石、911を意識しただけにボディーの剛性感は英国車のそれではなく、タワーバー等も前後に設え結構な硬さです・・・ポルシェの金庫のような硬さには負けてますが・・少し方向が違うような感じはあります。

エクステリアのバランス、奇麗さは目を見張るもので何時まで眺めていても飽きさせません・・そんな車です。又、注文が面倒でもあり、楽しみ(センスが問われる)でもあるようです。ボディーカラーから始まり、内装色(ダッシュ、ドアの内張り、天井、シート、ステッチのカラーと縫い目の幅まで!)を決めるのが大変・・・やっと決め、契約後納車まで9ケ月です。私には無理です=とても買えませんが(笑)。

又、これぐらい私に似合わない車もありませんです、ハイ!・・修理屋のオヤジが移動の為に転がしてる図・・これが正解。着る物も考えなければ・・なんて車で疲れてしまいそう。その点ポルシェはまだ楽すね。

これから、このジャンルにディノ、マセラッティー、ジャガー等が続々と出てきますが世界的にFRクーペが主流になってきました。結局、アメリカ人が好きなんですよねFR。

画像
これはマセの新型車・・これもいいすね。



レーシング・ポルシェ

画像
画像
画像
レーシングカーそのままのコクピット、サイドブレーキもラインロックです。

昨日は常連さんのMさんがサーキット走行用にと”遊び”で買った!というレーシングカーまがい(ほんま物)のポルシェに乗せていただきました。OIL交換に来たのですが・・勿論モチュール300Vですね。

Mさんはこの世界では結構有名な方で、持ち車もハンパではありません。フェラーリがお好きなようで、250GTO(1億はくだらない)、テスタときて本物の427コブラまでお持ちです。

その他色々あるようですが、サーキットで楽なポルシェを・・それも1から作るのが面倒な為、出来上がっている物を買ったそうです。それも息子さんと娘さん用にとの事!本人は散々やったのでモー面倒そうな雰囲気でしたね。(フォーミュラーもあるはず)

母体は993カレ4(ボディー剛性が高い)を使い、外観は993GT2もどきにしてある本物のレーシングカーです。ポルシェは何でもありでどうにでもなります。

ドア、ボンネット、Fフェンダーもファイバー、ウインドーはフロントのみガラスでその他はプレシキグラス、インテリアは勿論強固なロールゲージでボディーと組まれています。

エンジンは3.6Lの空冷、タコ足を介してツインターボ、凄いのがターボから直にエキゾーストで開放、マフラー類はありません。アイドルでも結構なサウンドで”まんま”ですね。目に付くのは超大型のインタークーラーでほとんどエンジンは見えません。M/Tはルーフ製6速。

現在はブースト0.6~7ほどでころがしてるようですが、フルブーストでは軽く500は超えてるんでしょうね。慣れるまでこれで行くそうです。既に茂木、フジは走行済みとの事。

どうやって車検を取ったのか判りませんが、ナンバーがついてます。「ポルシェ慣れてんだから乗ってこいよ」のお言葉に・・早々ご好意にあまえて試乗してきました。

こんな凄い車でもポルシェは乗り易いんですよね。(962でも普通に乗れるそうですから)乗り心地は凄いのなんのって、知らない人が乗ったら壊れてるんでは、というほどのものです。
キックバックの強いノンパワーのステアリング(そんなに重くない)が荒れた路面では注意が必要ですが、その他は普通です。

ターボ車は過給がかかっていない時は圧縮も低いので神経質さが無く拍子抜けですね。ただ5000位からは別車に豹変します。慣れていない人には注意が必要な加速をします。

時間があまり無いので、高速には行けず、大黒までのドライブでしたが車の性能の一端を垣間見た感じで少し欲求不満に陥りました。これはサーキットで走らなければ判らない車です。

しかし、ポルシェはやっぱり良いですねー!997GT3RSが欲しいなー(寝言、笑)。4/4のフジでオレンジのやつ、もー走ってましたからね・・・フジはお金持ちが多いす。

Mさん有難うございました。良い経験ができました。

GTI/フィスコ巡り

画像
画像
画像


昨日は恒例?のフィスコスポーツ走行に出かけました。

久しぶりに道志に一泊しフジを目指しましたが、前夜からの雨が何と雪に変わっていてびっくりです。籠坂峠回りだと時間を食うので、三国峠越えですがこの雪に心配もありました。

道志から山中湖までの道(143号)は両側がご覧の通り雪国の景色で、何とも素晴らしい景観でしたね。思わず写真を撮るため路肩に停車です。

軽い峠を越えトンネルを出ると山中湖側です。道路は乾いていて両側は雪景色!幻想的な雰囲気で不思議な感じでした。

三国峠を越えるか直前まで迷ったのですが・・運を天に任せ峠超えです!上に行くほど雪が多くなり「こりゃー引き帰しかー」なんて思っていると道路だけは雪が無いで、反対側(小山)に難なく到着。

しかし、さすが日陰には雪が残り、超スローペースで下山です。下りの雪道、おまけにSタイヤですからね・・怖いの何のって!4駆のSUV(ラブフォー)にアオラレお先にどうぞです。

少し下ると道も乾いてきて、今度は直ぐに前述の車に追いつき軽くぶち抜きです。「散々あおられたからなー」

都会でも19年ぶりの4月の雪だとか、やはり異常気象なんでしょうか?上の子供が小学1年生の時、やっと電車通学に慣れる寸前にもドカ雪が降り、風邪を引き休学・・またやり直しなんて思い出が蘇りました。(笑)

肝心のフィスコは結構気温が低く、路面は半ウエット。乾けば最高で高タイムの予感です。走行台数も少なくクリアも狙えそう!しかし”問屋は卸してくれません”でした。(笑)

1本目は全然駄目(2台とも)で意気消沈。やはり路面が・・・なんて言い訳して、今日は2本走らなければ納得できないと思い準備です。

リアの減衰を少し弄り、2本目に!納得はとても出来ないタイムですが・・なんとかベストは出せました。今回は満を持して7秒狙ってたんですがねー・・あまくなかったです(反省)。

限りなく8秒に近い9秒前半で終わりました。(がちょーん)
コカコーラから100Rは羽のお蔭で今までに無いスピードで入れ、良い感じなんですけどねー。「縦羽を増やし過ぎ」なんてS社長の進言も・・・横は良いけど、ストレートがイマイチ伸びなかったなー・・1枚縦羽減らすか?

次回は頑張るぞー!

S社長も納得いかないタイムでがっくりきてました・・原因は?・・今考えてます。


快走-BMW

画像
  春満開!
画像
  何時もの鹿道にて

”暖かさにつられて”ではないのですが、久しぶりにBMWで道志(ちょっとした用事あり)までソロ・ツーに行ってきました。

朝はゆっくり準備して下道を東名横浜まで行き、東名は180ペースで巡航、海老名SAでションタイムです。ハーレーがやけに目に付い駐輪場でした。

早々出発し厚木でおり、何時ものコースを辿ります。My-BIKEも全て当たりが付いたようで、最高の調子です。乗り心地のよさが一際ひかります。何時も固めのGuzziに乗っている為か脚の動きには感動物ですね。

パワーもそこそこあり(旧BMにしては)、軽さも並大抵ではないのでワイディングは最高に楽しいBIKEですね。パイプハンも押さえが利くし、振り回すのにはベストです。

冬はカウルが少し小さめで辛い事もありますが、この時期の長距離にはBMがベストだと再認識しました。アップライトな乗車姿勢でこの時期のキレイな景色なんか見ながらののんびり?ツーにも対応します。(笑)

温泉に入り、軽く飲みながら昼飯を食い、一眠りしてから用事を済ませて5時には自宅に到着しました。疲れもGuzziの時ほどありませんし、物足りなさも比較的(もう少し飛ばしたい欲求は残りますが・・・)ありませんです。

最新コメント
参加中のブログ
ブログ名 乗り物/234
お問い合わせ

名前
メール
本文
プロフィール

jzrima

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
アーカイブ
  • ライブドアブログ