乗り物/234のblog

Bike屋(MOTO GUZZIオンリー)の「カスタム&販売車両情報」や「私的好奇心を擽る乗り物達」のブログメディアです。

修理

LeMansⅡ・・・2台ほぼ完成

今日も暑い!!
作業したくないけど・・・やっと目途がつきました。
画像
ノーマルはノーマルでカッコ・イイですね。これをⅠ風(LeMans1.5)にするのが多いですけど・・・。

FフォークO/H(ショック交換=片側完全にX)、メーター周り(パネル)交換、メインスイッチ交換、ハンドルを高い位置に・・で、ハンドルをセパハンから交換、キャブのO/H、点火系を交換(ダイナⅢからポイント点火に戻しのASウオタニのパワーCOILKITに!これで点火系は心配なしですね。その他、右スイッチ&スロットルボディーの交換他。

画像
ノーマルメーターパネルには参りました!たいして触ってないのに、ポロポロ部品が壊われて取れていきます。又、時計は最初からご臨終なので四連から三連メーターに、メーターパネルもこれで随分とスッキリしました。メインは入ったり切れたりするそうなので交換です。

画像
ハンドル、スイッチ&スロットルを交換です。これもハンドル交換時にキルスイッチの配線がスイッチBOX奥のほうで二本とも外れ修理不能って感じです。

画像
10cm位はUPしたハンドル、これで大分楽になるはず。

又、キャブのO/Hもそこそこ苦労しました。^^加速ポンプが働かないのでキャブをバラシて洗浄です。ダイヤフラムも交換してさーOK!と思いきや、出ません。ダイヤフラムを手で押せばぴゅーと水鉄砲、あれーおかしいな??・・ピストンがダメでした。ダイヤフラムを押す斜面が減ってたんですね。在庫のピストンに交換してOK!みんなこんな感じのBIKEでした。後はキャブ&タイミング調整位か?

画像
 こちらも終わってるんですけど・・・クランク大端のOILシール交換他、長距離ツー(雨天時もあり)で消耗(傷んだ)したバッテリーとセルモーターも交換でした。

画像
あとは荷物を括り付けたためテールレンズが破損、そのレン待ちです。旧車用を使ったので時間かかってます。

画像
カリフォを所定の位置に置きます。これからバラシていきますが、どんなBIKEに変身するか・・・楽しみでもあり、面倒でも(笑)、ですね。隣のSportが全然進んでません!これもやらなくちゃなー・・・もう直ぐ三輪車がはいってくるし!!




LeMansⅡ改・・クランク大端部OILシール交換

五月の連休に長距離ツー(日本南端)を終えOIL漏れが目立つように!良くこのポジションで!^^行く前から多少OIL漏れがあったようですが、前オーナーさんが乗っていた時にはそれほどでも無かったのですが・・。OILの選択を間違えたのかなー?

この手のエンジンには必ずミネラル&半化学合成油を使うのがお約束!クリアランスが大きい空冷エンジンなので化学合成油ではジャブジャブ、分子の大きなOILを使うことが大事ですね。

画像


画像


画像


画像
エンジン後端のOILシール部までは結構な道のり?後ろ周りは全バラですね。

画像
やっとこさM/Tが外れました。

画像
漏れ場所をよく確認して・・・やはりクランクですね。一応、折角開けたので漏れそうなところもチェツク。取り去ったリザーブパイプの蓋のガスケットを取り換えておきました。OILシール交換し、組み上げて完了に。


連休中のITS・・本日はLeMansⅡ

本日はLeMansです。
FフォークO/H=パーツ待ちで分解済、メインキーシリンダ交換&ハンドル交換の作業中ってところ。

画像
作業前にバッテリーマイナスを外しときます。

画像
メーター周りをバラシてメインキーを取り出し、おNewに交換します。ギボシが違うんで作り変えっす。今度のシリンダーは平ギボシ、抜けちゃうと面倒なんで少し考えるか?

画像
これ始まっちゃうと動かせないんで他が大変。向こう側のMySportも少し進んだ、早くやりたいんだけど・・・。

画像
このあたりのLeMansのFフォーク、抜けないんですよね!Tシリーズも・・・なんでこんなに硬いのか理解できない??通常、トリプルツリーのボルト緩めればインナーは手で回せ取れるものなんですけど、これは絶対に簡単には取れません!少しコツがいりますね。

パーツ(ダンパー)が入ればあっという間に完成?すると思います。(笑)そうそう、もう一台待ってるんだ!タルガ750が。

MOTO GUZZI 750S(1000SP)ユニバーサルジョイント交換

3/13・・常連さんのS君、OIL交換の約束でしたがTELありです。「ロードサービスでBIKE持ち込むので宜しく!」との事。高速道路上でピボット付近からの異音&煙、速攻、止めてロードサービスのお世話です。TELで状態を聞くと、どうもユニバーサルジョイントが逝ったよう!入庫してバラシて見てから報告ですね。夕方に入庫!

画像
画像
14日に早々、ばらし出します。BIKEを押し引きしてもガタゴトですんなり動きません。間違いなくユニバーサルジョイントの断裂(破断)ですね。

画像
 
画像
スイングアームを外してみれば・・・「こりゃまた酷でーや!」、破壊されたユニバーサルジョイント、細かなパーツは破れたブーツから飛び出したんだろうなー何も無かった。

画像
 スイングアームまで、ほれこの通り亀裂が・・。ある程度のスピードで走っていていきなり壊れたんでしょうか・・・後輪ロックが無くて幸いでしたけどね。

画像
M/Tにはダメージが無くて良かったー。

画像
逝く時はこんなになっちゃうんですよね・・・おー怖!
画像
うまい具合にユニバーサルジョイントKITなる物が丁度、在庫されてました。ユニバーサルジョイント+ベアリング+スナップリングの後輪ディスク車用SETです。

画像
スイングアームも粉体塗装済の物が在庫であり、今回のように超早直しが出来た分けです。

画像
どうせだからベアリング交換ですが・・・こちら側のレースは直ぐ抜けるんですが、反対側が何時も抜けない!ブラインドスライドハンマーを使い、相当時間かかりました。右肩がオーバーヒートして明日辺り痛くなりそう!?今現在でも既に重い。

画像
こちら側ですね・・毎回、苦労します。

画像
このレースの状態を見ちゃうと交換するしか無いでしょ!^^

画像
ユニバーサルジョイントを支える大ベアリング(ボールベアリング)も勿論交換です。ここには写真のようにグリスを塗っておきましょう。

画像
  
画像
慎重に元の様に組んで完成となります。ボルトやナットが余ると気になりますからね!^^

画像

隣のBIKEがここの所進んでません!早く乗れるようにしたいなー。(笑)




MAGNI 1100ファイナルO/H

画像

ファイナルのO/Hです。何度か外側の大きなOILシールを交換したのですがOIL漏れが止まらず、変だなーと思っていたら、内部のOILシールでした!これ、結構大変なんですよね。奥の奥についてるやつで、全てバラシです。^^
画像

画像
ここまで開ける(裏蓋を開けるのが大変です=マニュアルにはただ開けるとしか書いてないそうです=笑)のにも結構な時間と工夫が必要ですが、何とか壊さないで開けることが・・。問題はOIlシールが底の底にある為、ニードルの外輪を外さなくてはなりません。

通常のファイナルは特殊工具が使えるのですが、MAGNI用に加工されていて道具が使えません。まー持ってませんが。^^写真センター部のパイプ状の物が外れない為、外輪に円盤を溶接して丸棒で叩き出すことが出来ません。

そこで、円盤のセンターに穴を開けてパイプ(ファイナルのパイプより少し太い物)を溶接し、蓋をして丸棒にて叩き出すことが出来ました。
画像

OIlシールを外し・・・これも中々外し難い!(パイプ状の物が邪魔)・・入れるのも簡単な道具を作り打ち込みました。

画像
通常のファイナルは上の写真のように円盤状の板(レーザーにて外輪の内径に合わせて数枚切って有ります。)を外輪に溶接して簡単に叩き出せます。

画像
画像
今回作った一回限りの工具?です。外輪に溶接がとてもし難いですね、スペース的に。

後はパーツ待ちです。国産のベアリングでOKでしょ・・・安いし高性能。純正だと10倍近いかも?
画像
画像

パラレモのベアリングもファイナル側はガタガタだったので、後ろ側は全部交換です・・これも国産ピロ。

12/21
パーツ入荷し、完成してます。

最新コメント
参加中のブログ
ブログ名 乗り物/234
お問い合わせ

名前
メール
本文
プロフィール

jzrima

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
  • コルサ、フルO/H・・②
アーカイブ
  • ライブドアブログ