乗り物/234のblog

Bike屋(MOTO GUZZIオンリー)の「カスタム&販売車両情報」や「私的好奇心を擽る乗り物達」のブログメディアです。

BIKE修理

LeMansⅡ(1.5)=フ-号のクラッチ交換

画像
ルマン乗りの方達が言うところのLeMans1.5ですね。^^キレイなカスタムです。
クラッチが駄目でだましだまし乗っていたそうですが、いよいよ切れなくなり、入庫となりました。
画像
色々と作業がつまっているので、早速バラシ出しました。後周りはほぼ全バラ!多少は慣れたので素早くなりました!?^^
画像
クラッチは使用限度を超え、2mmほどマイナス!これでは何をしても無駄ですね。
画像
M/TもOILでベタベタ、シール(3種)を交換すればOKでしょ。
画像
エンジン側も結構汚れてますねー。クランクのシールもここまでバラシタのですから当然交換ですが、漏れは余り感じられない?多少??それよりもリザーブタンク(OIL戻し)のホース付け根からなのか?締めが甘かった!
画像
でかいOILシールを抜きます。
画像
新旧のシール。
画像
全体をキレイに掃除して、専用工具にてシールを嵌め込んで完了です。
画像
フライホイールをセットして、クラッチ板を装着。何時もこれが(センター出し)面倒・・・・しかし、しっかり位置決めしないと絶対にドッキングが出来ない!車はこじると入りますが、板が二枚なので先ず無理です。
画像
M/Tのインプットギアを交換するついでにOILシールも交換しておきます。奥のOリングが殆ど潰れていて、ボルトの間からOIL漏れが多いですね。
画像
交換したパーツ群、結構な数です。レリーズベアリングのニードルが全部無く、枠のみ!!どうしたんでしょうか?^^・・・白い紙の上のセンターのパーツ。
画像
又、何時もは変えないレリーズですが、プッシュロッドと接する部分が2mm程減っていて、要交換でした。偶然、在庫していたので助かりました。原因はレリーズベアリングのニードルが全て失われていて、用を足さなくなり、こすれていた為でしょうか?
後は元通りに組んで完成となります。
画像
完成し、試乗してOK!次が待ってます。泊ツーに行きたいなー。^^

MOTO GUZZI 850T お預かり!

集まりますねー!どういうわけか?^^ Yabu号=850T(やはりグリーン)が完成して納車したと思ったら、TEL有りで北の方から・・・。
画像
某、国産BIKEショップにて買い求め、数年眠っていた個体(通関証明のみ)です。物はまーまーの物で、当初はエンジン始動も出来たとの事。数年、不動状態(幸い?家の中)なので、キャブが駄目、タンク内もサビ有り、スロットル固着、バッテリー逝ってます。
画像
スタンド関係が駄目で、私の力ではメインは不可能、二人でやっとという感じです。サイドは根本が曲がり、掛ければ倒れます。^^ITSオリジナルの登場で、これは今日にでも装着ですね。・・・場所変えなどで動かすのに非常に難儀します。
画像
ハンドルが微妙な形の物が付いてますが、これは変更でしょ!?V7Sportタイプ(クリップON)をお勧めしておきましたが・・・。メーター(マイル表示)は2眼の物に変更?されてます。
画像
キャブは粉がふき、O/Hですが、このキャブ(VHB)(はねー?イマイチ調子が出ない物が多い。当方、在庫の850Tは珍しく高調子ですが・・・。(笑)
画像
フロントはノーマルシングルをWにグレードUPしてあります。どうやらキャリは生きてます。ローターはお約束の真っ赤っか!
画像
リアはTなので、ドラムブレーキとなります。マフラーは社外の見たことも無い物が付いてます。これはオーナーさんまんざらでもなかったよう。(笑)

持ち込み時、オーナーさんと2時間ほど相談。オリジナルにはそれ程拘らないので、「さくっと見積もりして下さい。」とのこと、これも色々な案を出し相談で、結構時間が掛かりそうな雰囲気ですね。
まー”オリジナルへの拘りが無い”が救いです。(笑)・・・カスタム好きなんで・・。

おまけ=最近入庫のT5
画像
250?と言っても通用する位小さい!
画像
外装を全て剥ぎ取ると、中身は同じですね。(笑)しかし、タイヤが前後16インチなので、異様に小さく低くで、カスタム心がメラメラと・・・です。^^これに1100エンジンを乗せ、スリムなタンク、Rにカリフォの太めスポークホイール、小さなシートで流行りのドラック系(クルーザー)も面白いかなー?(笑)




MOTO GUZZI 850Tクラッチ交換

本日、やっと完成です。GUZZIは面倒ですね。^^
画像
以前、フルレストア&カスタムした850Tですが、納めてから殆ど点検等をしなかったので、各部増し締め、タイミング調整、キャブ調整等も合わせて行い・・・大分乗り易くなりましたね。タコメーターワイヤーも試乗中切れたので、交換でした。

画像
何時もの様に、殆どが全バラ状態となります。

画像
フレーム後ろを持ちあげて、エンジンとM/Tを分離、ここまでが結構大変。

画像
クラッチをバラシ、Newのクラッチをセンターを出しながら組み込みます。これが結構微妙です。ツインプレートなので少しでも狂っていると先ず入りません。古いClutch hubを使いセンター出しをしておきますが、慣れると目視でほぼ行けます。(Clutch hubは使います。)

画像
シール関係は走行も少ないので、問題ありませんでした。新品のClutch hubに交換です。これはスクウェア用で、ラウンドとはスプラインの形状が違います。=こちらが強い!

画像
これがお得な4点KIT(本来は後期型用)です。クラッチ板x2枚、Clutch hub(deep 4mm spline)、Cutch intermediate plate、回り止めワッシャーがSETされています。

画像
外したクラッチ板。実測7.8mm~7.6mm位(新品は8.3mm)で、まだ許容範囲なんですが・・。タッチは確かに良くなかった??

組み込み後、乗っては調整しての繰り返し、大分良くなったので、完成とします。


MOTO GUZZI 1000S ホイールバランス

タイヤの縦振れ&横振れがあり、乗っていて気持ち良くないとのオーナーさんの弁、私も少し乗ったのですが、確かに変な振れが出ています。

前後ホイールを外し振れ取り機&バランサーにかけて見ましたが、Rはそれほどでもなくホイールの芯出し&タイヤ組み換えで、ほぼOKの状態。
画像
画像
まーリヤホイールはこんなものでOKでしょ!位の状態まで行きました。この後、タイヤを外し何回かビートを上げたりずらしたりを繰り返し、回り(真円に近い所を探す)が良い所を探してバランスを取り直して完了です。

画像
問題はフロントでした。
回してみるとシャフトが曲がっているような回り方、これではハンドルや車体にブレが出ますよね。よくよく見て見ると、ディスタンスカラーがミリ単位で短く、遊んでます。「ん!別の物が入ってるの?」そーでは無く、ベアリングホルダーの淵がハブに干渉していました。古いパーツなので、鋳型が狂ってきてるんでしょうか?
画像
それではと、ローターを外し、ベアリングホルダーを外す作業に・・・このボルト(皿=接面積が大きく回り難い)外しは緊張するんですよね。古い物は殆どが固着、ヘックスですからトルク不足でほぼ舐めます。^^おまけに材質が柔らかめのSUS(純正は硬いクロモリ),始末悪いんですよねーカジルし。今回は新し目だったので、ショックドライバーで一発でした。
画像
画像
こいつが問題のホルダーです。オーナーさんも「クリアランスがおかしい!」と言っていたのですが、まさか、パーツ不良とは!(笑)淵がハブにぶつかった状態で締め込んでいたようですね。
画像
早々、旋盤にかけて回してみればツバ(淵)がぐにゃぐにゃ、左右共、さっと削って面を出します。
画像
キレイに回るようになりました。これでカラーもピタッと止まる筈・・止まりました。^^
画像
ホルダーを組み、ローターをSETしてチェンジゃーに、タイヤも何回かずらしてエアーを入れビートの上がりを見ます。良い所でエアーを充填、バランサーにSETです。
画像
完璧な回り方、スポークホイールではありえない位の回り方です。=(偶然?=笑) 動画もUP!

このセンター・グルービングを見てください!縦、横の振れも無!完璧でしょ。(爆)

画像
で、車体にSETしてホイール関係は終了です。

(続)





1000Sの車検&電装他

車検その他でお預かりしている”グリーンフレーム”のキレイな1000Sです。

画像
先ずは、車検に備えて各部を整備&交換パーツの割り出しの為、バラシ出します。やること結構あります。^^
画像
F周りはやること色々・・・スポークホイールの振れ取り、発電機交換、ライトステー交換、ライトユニット交換、カムチェーン→ギアトレーン(バラシて見れば既に交換済み。数時間無駄に・。^^)。メーターチェツクその他。

画像
エアクリは削除、整備性が格段にあがりますし、マフラーをレンシュポタイプに交換してあるので、K&Nで更に良くなる筈。バッテリートレイも持ち込まれた新品に交換。

画像
配線KIT装着に備えて、発電関係はエンディュラへ・・。

画像
欠損していたライトステーも交換です。このタイプ(オーナーさん持ち込み)、Newはなかなか見つかりません。
又、メーターの作動もチェツク、上の方でぶれるそうですが、テストしても問題なし。一応、タコ、SPのケーブルを交換です。ライトは異常に重いLEDユニットが付いていたのですが、車検では?なのでH4に交換です。

画像
ファイナルもバックラッシュが少し大きめのようで、”かこかこ”と少し音が出ています。走行7万弱ですからしょうがないと言えば・・・。でもって、O/Hになるのかなー?

画像
Rタイヤ(ホイール)の振れも見ておきます。一応、振れ取り機にタイヤ付きのままSET,そんなに悪くないけど、タイヤの上がりが少し悪いか?ホイールはこの状態で少し取り直しておきました。タイヤを外して組み直し、上がり(ユニフォミティー=均一性)を良くしましょう。装着タイヤはミシュラン/ACTIVなので、良い筈なんですが、前後とも少し振れていますね。


(続)
最新コメント
参加中のブログ
ブログ名 乗り物/234
お問い合わせ

名前
メール
本文
プロフィール

jzrima

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • LeMansⅡ改、キャスト→スポークホイール完成
  • LeMansⅡ改、キャスト→スポークホイール完成
  • LeMansⅡ改、キャスト→スポークホイール完成
  • LeMansⅡ改、キャスト→スポークホイール完成
  • LeMansⅡ改、キャスト→スポークホイール完成
  • LeMansⅡ改、キャスト→スポークホイール完成
  • LeMansⅡ改、キャスト→スポークホイール完成
  • LeMansⅡ改、キャスト→スポークホイール
  • LeMansⅡ改、キャスト→スポークホイール
アーカイブ
  • ライブドアブログ